Company Story

​株式会社C作業場

​代表取締役 高根佐知子

4D0E0CAD-3558-40FB-8270-6F8340B6768C.jpg

株式会社C作業場 設立 2020年02月10日

​コワーキングスペースC作業場 開業  2019年08月01日

■事業紹介

 

コワーキングスペースC作業場運営

イベント企画マネジメント

2019年7月/9月 株式会社Psychic VR Lab主催、中央大学商学部斎藤正武ゼミ、ナールVR研究チームとのキッズ向けVR制作ワークショップをマネジメント

2019年11月-12月キッズ向けVR制作ワークショップを主催


2019年11月中央大学商学部教授 斎藤正武教授と「VR空間における空間設計やプログラミング能力を向上させることが、制作者の発想力を向上させ、空間認識力をどの程度あげることができるのかを実証実験で明らかにすること」の委託研究契約を締結。


2020年株式会社NTTデータNJKと共催で小学生を対象としたVR制作ワークショップ「可能性の拡張!見えていないものを見える力を身につけよう!」を、内田洋行ユビキタス協創広場CANVASで3月15日に開催を企画マネジメント

2020年11月ー2021年1月 小学生対象/教育xR×SDGsのレッスン設計受託

2021年6月 自社開発『介護予防!VRコミュニティプレイ』が、令和3年度 新宿区新製品・新サービス開発支援補助金交付事業に採択されました。

2021年6月ー 教育xR×SDGsレッスン設計受託

2021年8月ー『介護予防!VRコミュニティプレイ』開発開始リリース

 

 C作業場の「C」はCreativeのCです。ものづくり、有形、無形を問わず発想し生み出す場になるといいなという気持ちを込めました。スペースは幅広い年齢の方にご利用いただけるよう整えています。そして仕事や、趣味、勉強、いろいろな用途でぜひご利用ください。

勉強会ではよく『ときわそう』のような存在の場所になりたいと話しています。

場所の空気がいつも美味しいようにしていきます。

​コワーキングスペース を活用し、「Unity勉強会」「フォトグラメトリ 勉強会」「blender勉強会」等を開催しています。

 ■主要取引先

 株式会社 Psychic VR Lab ( https://styly.cc/ja/)

 

 個人ユーザー

 

■開発監修 指導協力 中央大学商学部斎藤正武教授

My Story

野村證券勤務が社会人はじめの一歩。 ここ数年の活動としては、 代々木の学習塾ロジムで、「ロジカルプログラミング」講座を新規開発、実施。 株式会社VillingのキッズプログラミングスクールSTEMONで講師、STEMスクール事業部マネージャー。

IT×福祉ベンチャーの就労移行支援事業所(当時:GIFTED AGENT)で支援員を経験。この時、最先端のVRという技術と出会いました。 そして幅広い年齢層がVRを製作することができる株式会社Psychic VR Labの「STYLY」を使い小学生対象のVR制作ワークショップを企画開催しました。中央大学商学部斎藤正武教授ゼミのVR研究チームともVR制作が空間認識力を高めるという研究のサポートもさせて頂いています。

​コワーキングスペースの運営はこれまでに仲間と代々木でコワーキングスペースspAce4510を運営していた経験があります。

​現在は新宿区四谷近辺の方にもご利用いただけるようになり、また、ゲームクリエイター、エンジニア、フォトグラメトリスト、沢山の仲間ができ場を皆さんに育てていただいています。

コワーキングスペースでは幅広い用途でご利用頂きたいと思っていて、現在は固定席の設置はしていません。

毎日顔ぶれが違うのでいつも新しい風が心地よく感じる空間、コミュニティづくりをしていきたいと思います。​

03-6877-1027

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
IMG_1723.jpeg

​世代交流xRステーション

​サービス開発/提供

準備中

​VRコミュニティプレイ

​サービス提供/開発

Get in Touch